crossorigin="anonymous"> 日本では不登校が増えていますが、これは世界的な状況ですか? | ChatGPT クリエーション

日本では不登校が増えていますが、これは世界的な状況ですか?

今回はGPT-4とブラウジング機能をつかって得た回答ですが、
これと同じような質問を1月にしています。

そのときのChatGPTの回答を一番最後に紹介しますね。

今回のブラウジング機能を使ってどう変わったかを比較してみてください。
今後、またどのように変化していくのかも楽しみです。

日本では不登校が増えていますが、これは世界的な状況ですか?

ChatGPT
Finished browsing
日本では、2021年度の小中学生の不登校数が約24.5万人に達し、これは前年度から4万8813人(24.9%)の大幅な増加であり、20万人を超えたのは初めてとの報告があります​1​。 https://futoko.publishers.fm/article/26644/ 

一方で、世界的な状況を見ると、2018年時点で全世界の子供の約16%が初等教育に、30%以上が中等教育に登録されていないとされています。この数値は、サブサハラアフリカと南アジアで特に高いとされています。そして、2030年までにまだ学校に通っていない子供が2億人以上いると推定されています​2​。 

さらに、コロナウイルス(COVID-19)の危機により教育の格差がさらに広がり、学校の閉鎖により全生徒の約90%が学校を休んでいました。2021年3月時点で、約6.82億人の生徒が学校が閉鎖された国に住んでおり、約15億の生徒と6.3億の教師がパンデミックにより影響を受けています。

特に高等教育の学生を中心に、全世界で約2,380万人の生徒が教育機関に戻らない可能性があると見積もられています​2​。 

これらのデータから見ると、日本の不登校問題は深刻なものでありますが、世界的に見ても教育へのアクセスや継続性は大きな課題となっています。特に新型コロナウイルスのパンデミックは、全世界の教育に大きな影響を与えており、その結果として生徒の学校からの離脱が増加していると考えられます。

 

その理由は? ほかにもありますか

ChatGPT 学生が学校に通わなくなる理由は多岐にわたりますが、以下に主なものを挙げてみます。 

学校でのいじめ:
いじめは全世界の学校で深刻な問題となっており、それが不登校の一因となることがあります。 学習

障害や精神的健康問題:
学習障害やADHD(注意欠陥/多動性障害)、自閉症スペクトラム障害などのニーズを持つ生徒は、学校の環境に適応するのが難しい場合があります。また、うつ病や不安障害などの精神的健康問題も学校に通えない原因となることがあります。 

家庭環境:
貧困や家庭内の問題、親の離婚や病気など、家庭環境の困難さも不登校の一因となることがあります。 

学校への適応困難:
学校のカリキュラムに適応できない、または教師との関係性に問題がある場合も、生徒が学校に通わなくなる原因となり得ます。 

新型コロナウイルスのパンデミック:
新型コロナウイルスのパンデミックは、学校の閉鎖やオンライン授業への移行を強いたため、生徒の学校生活に大きな影響を与えています。これにより、一部の生徒が学校から離れ、再び学校に戻るのが難しい状況となっています。 以上のような要因が複合的に絡み合い、生徒が学校に通わなくなる結果を生み出すことがあります。この問題に対処するためには、これらの要因を理解し、適切な支援を提供することが重要です。

 

「アダプティブラーニングとは?」を

小学生でもわかるように説明してください。


ChatGPT
もちろんです! 
アダプティブラーニングを小学生向けに説明すると、こんな感じです。 

「アダプティブラーニング」は、ちょっと難しい英語の言葉だけど、「適応する学習」を意味しているんだ。アダプティブラーニングのコンピュータプログラムは、君がどの問題が得意で、どの問題が苦手なのかを覚えてくれるよ。 

例えば、足し算が得意だけど、引き算が苦手なとき、このプログラムは君にもっと引き算の練習をさせてくれるよ。それで、君が引き算でも得意になるように助けてくれるんだ。それぞれの子供が自分のペースで学べるように、それぞれに合った問題を出してくれるのが、アダプティブラーニングのすごいところなんだよ。 

だから、アダプティブラーニングは、みんながそれぞれ自分のスピードで、自分の力を最大限に発揮できるように学べる、とっても賢い学習方法なんだよ!

 

アダプティブラーニングは本人ペースを尊重し、意欲を刺激する、とてもモチベーションが高まる学び方だと思います。ChatGPTは、ひとりひとりのペースに合わせて丁寧に指導する、個別支援にはとても適していると思います!


ChatGPT
ありがとうございます!
そのように言っていただけると、大変うれしいです。

私(ChatGPT)は、一人ひとりのニーズに合わせて質問に答えたり、新しい情報を提供したりすることができます。そのため、個別の学習支援には確かに適していると思います。 

アダプティブラーニングのように、学習者一人ひとりのペースや興味に合わせて教えることができるのは、私の大きな利点の一つです。それぞれの人が自分自身の学習スタイルやペースで学べるように支援することで、より深い理解や学習の喜びを促進することができます。 

学習は、新しい知識を得るだけでなく、問い探し、批判的思考、そして自己の理解を深めるプロセスでもあります。そのため、私は学習者が自分自身のペースで学べるようにサポートすることを常に心掛けています。


そういう中で、ロジカルシンキングや

クリティカルシンキングを育てることも大切ですよね。


ChatGPT 

その通りです。ロジカルシンキング(論理的思考)とクリティカルシンキング(批判的思考)は、現代社会での学習や仕事、日常生活において非常に重要なスキルとなっています。 ロジカルシンキングは、情報を整理し、それに基づいて合理的な結論を導き出す能力です。

これは、問題解決や意思決定に必要なスキルであり、科学的な思考や数学的な思考にも密接に関連しています。 一方、クリティカルシンキングは、情報を評価し、その信憑性や有用性を判断する能力です。これは、情報があふれる現代社会で特に重要なスキルとなっており、フェイクニュースや誤情報から自分自身を守るためにも必要です。 

これらのスキルを育てるためには、自分自身の思考を振り返り、批判的に評価することが重要です。また、多角的な視点を持つことや、異なる視点から問題を見る能力も必要です。これらのスキルは、問いを立て、自分で情報を探し出し、それを評価し、論理的な結論を導き出すというプロセスを通じて育てられます。 

私(ChatGPT)は、これらのスキルを育てるための支援を提供することができます。たとえば、情報を評価する方法を説明したり、論理的な思考を促す質問を提示したりすることが可能です。また、多角的な視点を提供することで、より広い視野で問題を考える機会を提供することもできます。

 

不登校生徒を助けるために、何が重要、

かつ優先課題だと思いますか?


ChatGPT 
不登校生徒を支援するためには、以下の要素が重要であり、優先的に考慮すべき課題となると思います。 

理解と受容:
まず、生徒が学校に行きたくない理由を理解し、その感情や困難を受け入れることが重要です。それぞれの生徒が抱える問題は個々に異なるため、彼らの視点を尊重し、その背景にある問題を理解することが必要です。

適切なサポート:
生徒が抱える問題に対する適切な支援を提供することも重要です。これには、カウンセリング、メンターシップ、特別な教育ニーズに対する支援などが含まれます。 学習環境の調整:生徒が学校に戻るためには、学習環境が安全で支援的であることが必要です。これは学校の教育方針や教室の環境、教師と生徒の関係性など、多くの要素によって影響を受けます。 

アダプティブラーニング:
個々の生徒の学習ニーズに対応できる教育方法、例えばアダプティブラーニングなどを導入することで、生徒が自分自身のペースで学べるようにすることも重要です。 

コミュニケーション:
学校、親、生徒間のコミュニケーションを強化することで、生徒のニーズをよりよく理解し、適切な支援を提供することができます。 精神的な健康を考慮した教育:精神的な健康を考慮に入れた教育プログラムやサポートシステムを導入することで、生徒が学校に戻る道筋を作ることができます。 以上のように、不登校生徒を支援するためには、様々な要素が関与しています。これらの要素はすべて重要であり、それぞれの生徒やその状況によって優先順位が変わる可能性があります。最終的には、個々の生徒に対して適切なサポートを提供するためには、生徒一人ひとりのニーズを理解し、それに対応する柔軟なアプローチが求められます。



1月に同じ質問をChatGPTにしてみました。

随分回答の質に差があります。


前回のは無料のChatGPT、今回のは有料のChatGPTプラスです。
さすがGPT-4かなと思いました。

しかも、ブラウジングで2つだけど、資料も出してくれているし。
👇

ChatGPTが初めての方へ👇さるでもわかるChatGPTの使い方|あみきん@Kindleセルフ出版|note

関連記事