crossorigin="anonymous"> GPT-4以上のAIの開発停止を求めているのはなぜ? | ChatGPT クリエーション

GPT-4以上のAIの開発停止を求めているのはなぜ?

自然言語モデルの進歩は大きな可能性を持っていますが、それに伴うリスクも認識しなければなりません。持続可能な進歩を達成するためには、技術の利点を最大限に活用しながら、適切な使い方や倫理的なルールが必要です。そのために、大きな役割を果たしている組織を紹介します。


GPT-4以上のAIの開発停止を求めているのはなぜ?

GPT-4以上のAIの開発停止を求めている人々は、AIによる潜在的なリスクや危険性に対する懸念があるためです。具体的には、AIが人間の仕事を奪ったり、人間の判断力や倫理観を超越して行動する可能性があること、また、AIが悪用された場合に人類に深刻な被害をもたらす可能性があることが指摘されています。

一方で、AIの開発を進めることで、多くの問題が解決される可能性もあるため、この問題に対する意見は分かれています。

現実に問題が起きているのでしょうか?

現実には、AIによる問題やリスクが起こっています。

例えば、AIによる自動運転車の事故や誤作動、AIによる偏った判断や差別的な行動、AIによるプライバシーの侵害やセキュリティ上の脅威などが報告されています。

また、AI技術を悪用して、フェイクニュースの拡散や詐欺行為、サイバー攻撃などが行われることもあります。これらの問題は、AIの開発や利用において、倫理的な観点やリスクマネジメントが重要であることを示しています。

倫理的な観点やリスクマネジメントを行う、世界のリーダー的な組織はどこですか

倫理的な観点やリスクマネジメントに注力している、世界的な組織としては、以下のようなものがあります。

  1. IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers):世界最大規模の技術者団体であり、AIの倫理や安全性についてのガイドラインを策定しています。
  2. Partnership on AI:Google、Facebook、IBM、Microsoft、Amazonなどの大手テクノロジー企業によって設立された組織であり、AIの社会的影響や倫理的問題について研究・議論を行っています。
  3. OpenAI:AIの研究開発を行う非営利団体であり、AIの倫理的問題にも積極的に取り組んでいます。
  4. Center for Humane Technology:元GoogleやFacebookのエンジニアたちによって設立された組織であり、AIやテクノロジーが人間の生活に与える影響について議論を行っています。
  5. これらの組織は、AIの倫理的問題やリスクについての認識を高め、適切な対策を講じるための指針や枠組みを提供しています。

国連は?

国際連合(国連)もAIの倫理的問題に注目しており、AIの倫理的な開発や利用に関するガイドラインを策定するための取り組みを進めています。

2017年には、国連の専門家会議によって「人権に関するAIの展開に関するエチカル・ガイドライン」が採択され、AIが人権に与える影響や、倫理的な観点からのAIの開発や利用についての考え方がまとめられました。

また、国連人権高等弁務官事務所は、AIによる人権侵害への対応に関する報告書を発表し、AIの開発や利用において、人権や倫理的な観点を重視する必要性を訴えています。
国連は、AIが人類に与える影響やリスクについて深い関心を持ち、国際的な協力体制を構築することで、AIの倫理的な開発や利用に向けた取り組みを進めています。

2017年は古すぎますね💦

確かに、AIの技術や社会的影響が急速に進展している現在においては、2017年の国連の取り組みだけでなく、より新しい取り組みも注目されています。

例えば、2021年には、国連人権理事会がAIの人権への影響に関する報告書を公表し、人権に配慮したAIの開発や利用に向けた国際的な枠組みの必要性を訴えました。

また、同年には、国連教育科学文化機関(UNESCO)がAIの倫理的な開発に関するガイドラインを策定し、AIの技術や利用において、倫理的な観点や社会的な影響を考慮することを提唱しました。

さらに、2021年には、国連のAIサミットが開催され、AIの倫理的な開発や利用についての議論が行われました。このサミットでは、AIの技術的な側面だけでなく、倫理的な側面や社会的な影響についても議論が行われ、AIの開発や利用に関する国際的な協力の重要性が強調されました。
したがって、国連は、AIの倫理的な問題に対して、最新の状況に沿った取り組みを進めています。

その他に世界をリードする組織はありませんか

世界をリードするAIの研究機関や組織は数多くありますが、以下にいくつか挙げてみます。

  1. OpenAI:AIの研究開発を行う非営利団体であり、AIの倫理的問題にも積極的に取り組んでいます。
  2. DeepMind:Googleが買収したAIの研究機関であり、人工知能の研究開発に注力しています。
  3. MITメディアラボ:AIやテクノロジーの研究開発を行う研究機関であり、AIの倫理的問題にも取り組んでいます。
  4. IBM Watson:IBMが開発したAIのプラットフォームであり、AIの研究開発やビジネスにおけるAIの活用に注力しています。
  5. NVIDIA:GPUを中心としたコンピューターのハードウェアやソフトウェアを提供する企業であり、AIの研究開発やビジネスにおけるAIの活用に貢献しています。
  6. これらの組織は、AIの研究開発において世界的に高い評価を得ており、AIの倫理的問題に対しても積極的に取り組んでいます。

研究機関も重要ですが、政治的な力を持った組織も重要に思います

確かに、AIの倫理的な問題は、単なる技術的な問題だけでなく、政治的な問題や社会的な問題でもあります。そのため、政治的な力を持った組織が必要であると考えられます。

現在、多くの国がAIの倫理的な問題に関する取り組みを進めています。例えば、欧州連合は、AI戦略として「人間中心のAI」を掲げ、AIの開発や利用において倫理的な観点を重視するための枠組みを策定しています。

また、米国政府は、AIの倫理的な問題についての国家戦略を策定し、AIの開発や利用において倫理的な枠組みを構築するための取り組みを進めています。

さらに、国際的な協力も必要であり、国連をはじめとする国際機関がAIの倫理的な問題に対する取り組みを進めています。

また、民間企業や市民社会も、AIの倫理的な問題に対する関心を高め、取り組みを進めています。

AIの倫理的な問題に対しては、多様なステークホルダーが協力して、政治的な力を持った組織が必要であると考えられます。

日本は?

日本でも、AIの倫理的な問題に関する取り組みが進められています。

2016年には、内閣府がAIの社会実装に関する検討会を設置し、AIの倫理的な問題や社会的な影響について議論を行いました。

また、2018年には、文部科学省がAIの人材育成に関する検討会を設置し、AIの倫理的な問題にも言及したAI人材育成の方針を策定しました。

さらに、2020年には、経済産業省がAIの倫理的な問題に関する検討会を設置し、AIの社会実装における倫理的な観点を考慮したAIの開発や利用に関する指針を策定しました。

これらの取り組みを通じて、日本でもAIの倫理的な問題に関する意識が高まり、適切な対策が講じられるようになってきています。

ただし、AIの技術や利用が急速に進展している現在においては、より高度な倫理的な問題にも対応するため、今後も取り組みが必要であると考えられます。

AIの倫理問題を解決するため、国際的な協力体制に入るために、世界をリードする国はどこでしょうか?

AIの倫理問題を解決するためには、国際的な協力体制が必要であると言われています。その中で、世界をリードする国としては、以下のような国が挙げられます。

  1. ヨーロッパ諸国:欧州連合は、AIの倫理的な問題に関する取り組みを進めており、ヨーロッパ諸国はAIの倫理的な観点を重視した法律や規制を導入するなど、AIの倫理的な問題に関する取り組みが進んでいます。

  2. アメリカ合衆国:アメリカは、AI技術の開発や利用において世界をリードしており、AIの倫理的な問題にも積極的に取り組んでいます。また、AIの倫理的な問題に関する国家戦略を策定し、AIの倫理的な枠組みの構築を進めています。

  3. 中国:中国は、AI技術の開発や利用において急速に進展しており、AIの倫理的な問題にも取り組んでいます。また、AIの倫理的な問題に関するガイドラインを策定し、AIの倫理的な観点を重視したAIの開発や利用に向けた取り組みを進めています。

  4. これらの国々は、AIの倫理的な問題に関する取り組みを進めながら、国際的な協力体制を構築することで、AIの倫理的な開発や利用に向けた取り組みを進めています。

ヨーロッパの中では、どの国が議論が進んでいますか?

ヨーロッパの中では、AIの倫理的な問題に関する議論が進んでいる国は複数ありますが、以下にいくつかの例を挙げてみます。

  1. フランス:フランスは、AIの倫理的な問題に関する取り組みを進めており、2018年にはAI倫理委員会を設立し、AIの倫理的な問題に関する助言を行っています。また、2020年には、AIの倫理的な観点を重視したAI戦略を策定し、AIの倫理的な枠組みの構築を進めています。
  2. イギリス:イギリスは、AIの倫理的な問題に関する取り組みを進めており、2018年にはAI倫理委員会を設立し、AIの倫理的な問題に関する助言を行っています。また、2020年には、AIの倫理的な観点を重視したAI戦略を策定し、AIの倫理的な枠組みの構築を進めています。
  3. ドイツ:ドイツは、AIの倫理的な問題に関する取り組みを進めており、2018年にはAI倫理委員会を設立し、AIの倫理的な問題に関する助言を行っています。また、2020年には、AIの倫理的な観点を重視したAI戦略を策定し、AIの倫理的な枠組みの構築を進めています。

国際的な協力体制に入るために、世界をリードする国はどこでしょうか? どの場所で会議が行われますか

AIの倫理的な問題に関する国際的な協力体制は、複数の国や国際機関が協力して構築されることが望ましいとされています。そのため、世界をリードする国は、複数の国が関与する国際的な会議や協議に積極的に参加し、協力体制を構築することが必要であると考えられます。

国際的な会議や協議の中でも、AIの倫理的な問題に関する議論が進んでいる場所としては、以下のような場所が挙げられます。

  1. OECD(経済協力開発機構):OECDは、AIの倫理的な問題に関する議論を進めており、AIの倫理的な枠組みの策定や、AIの開発や利用に関する国際的な協力体制の構築を目指しています。

  2. G7(先進7か国):G7は、AIの倫理的な問題に関する議論を進めており、AIの倫理的な枠組みの策定や、AIの開発や利用に関する国際的な協力体制の構築を目指しています。

  3. EU(欧州連合):EUは、AIの倫理的な問題に関する議論を進めており、AIの倫理的な枠組みの策定や、AIの開発や利用に関する国際的な協力体制の構築を目指しています。

  4. これらの場所で、AIの倫理的な問題に関する議論が進められており、国際的な協力体制が構築されています。今後も、AIの倫理的な問題に関する取り組みが進むことが期待されます。


そこで、Perplexityでも調べてみました。

日本のAIに対する倫理問題を話し合う会議や法律について、最新情報が知りたいです

Perplexity
最近の情報によると、​日本ではAI倫理に関する議論が進んでいます。​企業が解決すべき法律問題について解説した記事や、​AI倫理とは何かについて解説した記事があります[1][2]。​また、​IBMがAI倫理に関する取り組みを行っていることがわかります[3]。​ただし、​最新の会議や法律に関する情報は見つかりませんでした。​

1.AIの法律上の注意点は?|責任は誰がとるのか・著作権はあるのか | AI専門ニュースメディア AINOW
2.AI倫理とは?事実と問題点・企業ガイドライン・解決策 | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD
3.AI倫理 - 日本 | IBM

日本政府がAI倫理に関する最新情報を公開している場所はどこですか?

Perplexity
日本政府がAI倫理に関する最新情報を公開している場所は、​経済産業省のウェブサイトである「AIガバナンス」のページや、​文部科学省のウェブサイトである「信頼されるAI」のページなどがあります[1][2]。​これらのウェブサイトでは、​AI倫理に関する政策、​計画、​ガイドライン、​規制、​標準化、​監査等について、​最新の情報が公開されています。​また、​内閣府は、​UNESCOのAI倫理勧告案に関する監視及び評価を行っています[3]。​

1.👇Perplexityが違うリンクを送ってきたので差し替え
AIガバナンス(METI/経済産業省)
2.信頼されるAI:文部科学省 (mext.go.jp)
3.UNESCOのAI倫理勧告案の現状

※それにしても情報が古く、外部からは活発に動いているようには見えません。日本のAI倫理で中心になるのは、この方たちでしょうか? 👇
委員名簿 | 人工知能学会倫理委員会について | 人工知能学会 倫理委員会 (ai-elsi.org)

日本のAIに対する倫理問題を話し合う会議や法律について、最新情報が知りたいです

Bing

日本では、AI倫理に関する議論が進んでいます。
政府は、2021年9月にデジタル庁を発足させ、AI倫理を中心としたデジタル技術を取り巻く最新の動向を俯瞰しつつ、EUが新たに発表したAI規制法案を紹介することを通じて、政策的示唆を得ることを目指しています1。

また、AI倫理に関する会議も開催されており、2022年3月には「AI倫理検討会」が設置されました2。

この会議では、AIの利用における倫理的な問題について議論されています。さらに、企業が解決すべき法律問題について解説した記事や、AIが引き起こす未踏の問題について考察した論文もあります32。

  1. RIETI - AI規制は時期尚早か?「EUによる規制法案から考えるAI倫理」
  2. 応用倫理の概念枠組みはAIが引き起こす未踏の問題をどこまで予測できるか? (jst.go.jp)
  3. GPT-4以上のAIの開発停止を求めているのはなぜ?[Sageにインタビュー]|あみきん@Kindleセルフ出版|note

—— (;゚Д゚)えっ?
これ、まだ私の書きかけの私のこの記事なんですけど、Bingちゃんがこのリンクを紹介してくれるって、何かの間違い?

というわけで、Partnership on AI(Google、Facebook、IBM、Microsoft、Amazonなどの大手テクノロジー企業によって設立された組織)での協力体制があることを知りました。

Partnership on AIサイトより

今のところ、2022年以降に言及しているのは、私の知る限り、Bingちゃんだけだと思ったら、そういえば、誤動作で外していた、ChatGPT for Googleを投入して、GPT-4に聞いてみました。今までのおさらいのようなことを一発で述べて、下記の新情報をくれました。さすがGPT-4💖

AI倫理に関する国際的な取り組みの一環として、グローバル・パートナーシップ・オンAI(GPAI)が設立されました。これは、AIの責任ある開発と利用を推進するための多国間イニシアチブで、加盟国は定期的に会合を開いて協力を深めています。GPAIの会議は、加盟国が持ち回りで開催することが多いです。

GPT-4+ChatGPT for Google

日本の報道資料
※GPAI(ジーペイ)というらしい、2022年は日本が開催国。
The Global Partnership on Artificial Intelligence

Global Partnership on Artificial Intelligence - GPAI

2022年参加国
*日本、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チェコ、デンマーク、フランス、ドイツ、インド、アイルランド、イスラエル、イタリア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、韓国、シンガポール、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、英国、米国、EU

関連記事