crossorigin="anonymous"> 教育・学習指針となるプロンプトの使い方/ChatGPT | ChatGPT クリエーション

教育・学習指針となるプロンプトの使い方/ChatGPT

教育・学習におけるプロンプトスキルの活用例をいくつかご紹介します。これらのプロンプトは、教育・学習の場面で学生や教師がAIを活用して具体的なタスクや課題に取り組む際に使用されます。

もちろん大人の方もこれをアレンジして利用することができます。

教育・学習についてのプロンプトの例


プロンプトは学習の指針となり、AIが適切な情報やフィードバックを提供するための手段となります。

それぞれの場面で、これらの質問を投げかけたあとに、AIに対してさらに具体的な情報を送り、欲しい結果やわからないことなどを伝え、アドバイスを詳細に求めることでChatGPTの能力が最大限に発揮されます。


語学学習: 
「英語(特定の言語)の学習リソースと学習方法を教えてください」

学習効果の最大化: 
「効率的な学習のためのヒントとテクニックを提案してください」

教育テクノロジー: 
「教育におけるテクノロジーの活用方法とトレンドを教えてください」

学習者サポート: 
「学習意欲を高めるためのサポート方法を提案してください」

学校生活の充実: 
「大学生活を充実させるための活動のアイデアを教えてください」

問題解決: 
「与えられた数学の問題を解いてください」

語彙力向上: 
「次の文章に適切な語彙を埋めてください」

評価とフィードバック: 
「学生のエッセイを評価し、具体的なフィードバックを提供してください」

グループディスカッション: 
「特定のトピックについてグループディスカッションを進め、意見を述べてください」

クイズ作成: 
「特定のトピックに関するクイズを作成してください」

研究トピックの提案: 
「次の研究トピックについてアイデアを提案してください」

プレゼンテーションスキル: 
「特定のトピックについてのプレゼンテーションを作成してください」

ディベート: 
「特定の論点についてディベートを行い、意見を述べてください」

問題提起: 
「特定の問題に関連する質問を提案してください」

レビューの作成: 
「特定の本や映画についてのレビューを書いてください」



数学のプロンプトの例 


問題解決のプロンプトを活用して、与えられた数学の問題を解く具体的な例を以下に示します。

プロンプト: 
「下記の数学の問題を解いてください」

問題:
2x + 5 = 13

解法:

+++++++++++++++++
ChatGPTからの答え

問題を解くために、次の手順に従います。

方程式を見ます: 2x + 5 = 13
方程式から5を引きます: 2x = 13 - 5
単位を計算します: 2x = 8
両辺を2で割ります: (2x)/2 = 8/2
単位を計算します: x = 4

したがって、方程式の解は x = 4 です。



以上が与えられた数学の問題を解くための手順です。

この場合、与えられた方程式を変形し、未知の変数xの値を求めることが目的です。

AIはプロンプトに基づいて数学的な計算や手順を実行し、問題の解答を提供します。

なお、上記のプロンプトでは問題文は書いてありませんが、答えを出すことができます。もちろん実際の問題文が与えられることで、AIはその問題に応じた手法や戦略を適用して解答を導くことができます。

語彙力向上のプロンプトの例


与えられた文章に適切な語彙を埋めるプロンプトの例を以下に示します。実際の語彙の選択は文脈に依存し、与えられた文章や空欄の意味に基づいて行われます。
プロンプト: 
「次の文章に適切な語彙を埋めてください」

与えられた文章: 
"彼女はとても美しい____を着てパーティーに参加しました。"

+++++++++++++++++
ChatGPTからの答え
 
"彼女はとても美しいドレスを着てパーティーに参加しました。"


AIはプロンプトに基づいて適切な語彙を選択し、文章の文脈に合わせて空欄を埋めます。この場合、美しい「ドレス」が適切な語彙となります。

AIは多くの語彙を学習しているため、適切な単語の選択と文の流れの保持が可能です。


語学学習のプロンプトの例

特定の言語の学習リソースと学習方法を提案する具体的な例を以下に示します。

プロンプト: 
「英語(特定の言語)の学習リソースと学習方法を教えてください」
※ これだけでも答えを返してくれますが、レベル感や年齢、用途なども添えたほうが、具体的なアドバイスをもらえます。

例えば
小学生、中学生、高校生、TOEIC、英会話、留学、旅行、学術目的、就職活動、ビジネスコミュニケーションなどの情報を提供します。

+++++++++++++++++
ChatGPTからの答え

言語: 英語

学習リソース:


オンライン学習プラットフォーム: 
DuolingoやRosetta Stoneなどのオンラインプラットフォームは、基礎的な語彙や文法の学習に役立ちます。

語学アプリ: 
MemriseやHelloTalkなどの語学アプリは、単語の覚え方やリスニングスキルの向上に役立ちます。

オンラインテューター: 
italkiやVerblingなどのオンラインプラットフォームで質の高いネイティブスピーカーとの会話レッスンを受けることで、実践的なスキルを磨くことができます。


学習方法:


リーディング: 
ニュース記事や小説を読み、文法や語彙を理解しましょう。

リスニング: 
ポッドキャストや音声教材を聴くことで、リスニングスキルを向上させましょう。

スピーキング: 
ネイティブスピーカーとの会話やディスカッションに積極的に参加し、スピーキングスキルを鍛えましょう。

ライティング: 
エッセイやブログを書くことで、文章力を向上させましょう。
文法練習: 教科書やオンラインの文法リソースを使って文法のルールや構造を練習しましょう。


これらは英語学習に関する例ですが、他の言語でも同様のアプローチが有効です。言語学習においては、継続的な学習と実践が重要です。リソースと学習方法を組み合わせて、自身に最適な学習プランを作りましょう。

学習計画を立てるためのプロンプト

User
中学1年生のための1日30分で1週間の英語の学習プランを立てて

+++++++++++++++++
ChatGPTからの答え

中学1年生の1週間の英語学習プランを立てる際には、学習内容のバランスと継続性を考慮することが重要です。

以下に、1日30分の学習時間を想定して、1週間の学習プランの例を示します。

月曜日: リーディングとボキャブラリー
10分: 短い英文を読んで意味を理解する。
10分: 新しい単語やフレーズを学習し、ノートにまとめる。
10分: 学習した単語を使って簡単な文を作成する。

火曜日: リスニングと発音
10分: 英語の歌や動画を聴いて、リスニングスキルを鍛える。
10分: ネイティブスピーカーの発音を聞きながら、自分で発音を練習する。

水曜日: スピーキングとディクテーション
10分: 簡単なフレーズや文章を声に出して練習する。
10分: テキストを読みながらディクテーション(書き写し)を行い、正確性を意識する。

木曜日: 文法と練習問題
10分: 文法のルールや構造を学習し、例文を作って理解する。
10分: 文法の練習問題やワークシートを解いて、理解を確認する。

金曜日: ゲームやクイズ
10分: オンラインの英語学習ゲームやクイズに挑戦して、楽しみながら学習する。
10分: 学習内容の復習や自己評価を行い、自身の進捗を確認する。


週末は休みとして、学習の成果を振り返る時間や自由な英語の活動を行うこともおすすめです。

このような学習プランを週ごとに継続して実施することで、リーディング、リスニング、スピーキング、文法などのスキルがバランスよく発展することが期待できます。

また、学習の楽しさを取り入れることでモチベーションの維持も図れます。学習プランを自身のペースや興味に合わせて自分ごのみに変更してみてください。




簡単で効果的な教育・学習に関するプロンプト


中学生から高校生向けの効果の高いプロンプトを紹介します。

プロンプト: 
自己評価: 
「自分の強みと改善すべき点を挙げてください」

+++++++++++++++++
ChatGPTからの答え

目標設定: 
「1つの学習目標を立てて、具体的なステップを書き出してください」

ライティング: 
「日記を書いて、自分の考えや経験を記録してください」

アウトプットの重視: 
「学んだことを他人に教える形でアウトプットしてください」

クリティカルシンキング: 
「特定の問題について異なる視点や論点を考慮し、自分の意見を主張してください」

リーディング: 
「興味のある本を読んで、感想や要約を書いてください」

ディベート: 
「特定の論点についてディベートを行い、自分の意見を主張してください」

スピーチ: 
「興味のあるトピックについてスピーチを作成し、自信を持って発表してください」

プロジェクト: 
「チームメンバーと協力して特定のプロジェクトを進めてください」

実践的なプロジェクト: 
「興味や関心のあるテーマについて調査・実験・制作などを行い、実践的な学びを得てください」


これらのプロンプトは、自己評価や目標設定から始まり、リーディングやアウトプットの重視、クリティカルシンキング、コミュニケーション能力の向上など、学習の幅広い領域をカバーしています。

簡単なものから始めながら、徐々に学習のレベルを上げていくことができます。

もちろん大人の方でも使えます。

自己評価のプロンプト


自己評価を行い、自分の強みと改善すべき点を挙げるためのプロンプトです。以下に示すのは一般的な例ですが、あなた自身の強みと改善点を考える際に参考にしてください。


プロンプト: 
「自分の強みと改善すべき例を挙げてください」
+++++++++++++++++
ChatGPTからの答え

語彙力: 語彙力が高く、多くの単語を理解していること。

文法知識: 文法に関する基本的な知識があり、文の構造を理解していること。

興味の幅広さ: 様々なトピックに興味を持ち、幅広いジャンルのテキストに取り組むことができること。


改善すべき点:

スピード: テキストを読むスピードを向上させる必要があります。理解度を維持しながら、より迅速に文章を読むことを目指しましょう。

長文への対応: 長いテキストや複雑な文章に対する理解力を向上させる必要があります。長文に焦点を当てた練習や、重要なポイントを把握するスキルを磨くことが重要です。

推測力: 文脈から意味を推測する能力を向上させることで、不明な単語や表現に対処するスキルを高めましょう。


この例を参考に、ご自分の強みと改善点を書き出し、これらの改善点に取り組むことで、より高度なリーディングスキルを獲得できます。

定期的な練習や読書、上記の具体的なステップを適用することによって、強みを活かしつつ改善点を克服していくことが重要です。

ご自分の例に当てはめて、カスタマイズしてみましょう。

目標設定のプロンプト


プロンプト: 

「1つの学習目標を立てて、具体的なステップを書き出してください」

学習目標: 
英語のリーディングスキルの向上

+++++++++++++++++
ChatGPTからの答え

学習目標: 英語のリーディングスキルの向上

具体的なステップ:

レベル設定: 現在の英語リーディングスキルのレベルを評価しましょう。自分の理解できるレベルのテキストを選び、どの程度の語彙や文法知識が必要かを把握します。

語彙力の強化: 英語のリーディングをスムーズに理解するためには、十分な語彙力が必要です。定期的に新しい語彙を学び、単語帳やアプリを活用して復習しましょう。

文法の復習: 文法の知識は文章の理解に欠かせません。基礎的な文法ルールを復習し、特に文章構造や接続詞などの文の結びつけ方に注目しましょう。

リーディング練習: リーディングのスキルを向上させるために、定期的に英語の記事や小説、ブログなどのテキストを読みましょう。興味を持てるトピックを選び、理解度やスピードを向上させるために繰り返し読むようにしましょう。

理解度の確認: 読んだテキストに対してクイズや問題を解くことで、自分の理解度を確認しましょう。また、読んだ内容を要約したり、感想を書いたりすることで、自分の理解を深めることができます。

多様なジャンルの読書: 様々なジャンルのテキストに触れることで、幅広いトピックに対する理解力を高めることができます。ニュース記事、小説、ビジネス書、科学論文など、興味のあるジャンルをバランスよく読むようにしましょう。

リーディングスキル向上のためのツールを活用: リーディングスキル向上のためには、オンラインのリソースやアプリを活用することもおすすめです。例えば、英語学習のアプリやウェブサイトには、リーディングコンプリヘンションの練習問題やテキストが豊富にあります。

これらのステップを順番に進めることで、英語のリーディングスキルを効果的に向上させることができます。ただし、継続的な学習と積極的な実践が重要ですので、定期的な学習スケジュールを作成し、取り組んでください。


これらのステップは英語のリーディングスキル向上を目指す場合の例です。あなた自身の学習目標に応じて、具体的なステップを立てましょう。

目標設定には具体性や計画性が重要です。目標を達成するために、進捗状況を確認し、定期的に自己評価を行いながら取り組んでいきましょう。

これらの例は、ほんの入り口にすぎません。各自の経験を活かして、プロンプトをさらに深めていきましょう。

関連記事