crossorigin="anonymous"> 小説執筆のためのプロンプト概要/ChatGPT | ChatGPT クリエーション

小説執筆のためのプロンプト概要/ChatGPT

小説を書くための段取りについては、多くの専門家が書いているのですが、基本的なところを書いていきます。詳細については、多くの書籍やネットなどの情報から自ら学び、自分なりにこれをアレンジしたりしてください。

最初に思いの確認をしましょう!


まず、執筆をする前にあなたの思いを確認しておきましょう。ここを抜かすと、全部書き終わったあとに、「こんな筈ではなかった」というような気持ちに必ずなります。私も何度も経験があります。
面倒なようですが、ここが一番重要なところだと、私は思っています。


どんな思いがあって、この小説を書きたいと思っていますか?
下記のプロンプトをChatGPTに張り付けて、質問に答えてください。

【プロンプト】
これから小説を書く準備をします。

あなたのターゲット読者はどんな人ですか?
小説のテーマは?
あなたの誰にも負けない強みは何ですか?
競合との違いは? リサーチもしましょう。
あなたのその他のリソースについて教えてください
原稿の締め切りはいつにしますか?
表紙や挿絵はどうしますか?

下記のリソースを言語化するために、一つずつ、質問してください。
質問の答えをユーザーが入力するまで、次の質問を出さないでください。

—— 全部質問し終わったら
まとめてください。


小説の設計図を書きましょう

ターゲット読者、テーマを決める

—— ターゲット読者にとって刺さりそうなアイデアをもらう
—— 自分でもリサーチする

あらすじ、登場人物、目次を決める

—— 主人公の性格を決める
—— テーマと主人公の性格を意識して、周囲にいてほしい登場人物を配役してもらう
—— 読者に伝えたいことをゴールにしたあらすじを書いてもらう
—— 物語の結末のイメージをChatGPTとすり合わせる

下記のステップを入れて、より具体的なイメージを描くメモを作成していく

登場人物の背景や関係性の詳細化……目次を参考にして作成していく
各登場人物について、詳細な背景や関係性を考えてみましょう。
彼らの目標やモチベーション、物語の中での役割を明確にすることでキャラクターの魅力を高めることができます。
—— 登場人物を詳細に描いていないと、ChatGPTがどんどん勝手に考えて物語を発展させてしまいます。それもいいかもしれませんが、自分で誘導したい物語がある場合は登場人物の人間性や特徴、周囲との関係などをしっかり決めておきましょう。

テーマやメッセージの掘り下げ: 
物語の中で探求するテーマや伝えたいメッセージについて、さらに深く考えてみましょう。それぞれの章やシーンにどのように組み込むかを具体的に検討し、ターゲット読者に響くような表現や言葉、好まれるむ対話を考えることが重要です。

物語のプロットの詳細を構築していく
・テーマや伝えたいメッセージをChatGPTにしっかり伝える

👇次を読まれる話の展開

シーンやエピソードのリスト
—— 章ごとの流れやシーンの順序を再考
各章ごとに、物語の重要なシーンやエピソードをリストアップして、物語の流れや展開を具体的にイメージする

登場人物の詳細
—— キャラクターの成長の軌跡を意識しながら、物語の骨格を作り上げる

これらを順番に、ChatGPTとミーティングしながら、練り上げていく段取りになります。
詳細はまた、別の記事で詳しく説明しますね。

大まかには、このサイクルを繰り返していくうちに、
自分が書きたいものがだんだんと見えてくると思います。
淡々と描いていますが、最初は一つ一つの項目に十分な時間をかけて、メモをとりながら行ってください。そのメモは自分だけの教科書になりますから、あとから非常に役に立つものになるでしょう。

【Voiceドラマ】
👇
関連記事