crossorigin="anonymous"> SMART原則とは? | ChatGPT クリエーション

SMART原則とは?



目標設定やプロジェクトの管理において、効果的な目標の立て方を示すキーワードを並べて、
その頭文字をとったものです。

SMART原則は、プロジェクト管理や目標管理の重要なツールとして、広く使われています。


Specific (具体的): 詳細、具体化 

 目標は具体的に定めるべきです。

 ・何を達成するのか?
 ・どのような結果を得るのか?

 を明確にします。抽象的で曖昧な表現ではなく、明確なターゲットを設定します。

Measurable
(測定可能): 目標は測定可能でなければなりません。
  数値や具体的な指標で評価できるようにします。
  進捗や達成度を明確に把握できるようになることが重要です。


Achievable (達成可能): 目標は達成可能なものでなければなりません。
  現実的で実行可能な目標を設定します。
  無理な目標ではモチベーションを低下させる可能性があるため、
  達成可能性を慎重に検討します。


Relevant (関連性): ビジネスの目的、方向性、個人の目標……ミッション、ビジョン
  目標はビジネスの戦略や目的と関連している必要があります。
  組織や個人の目標に合致し、全体の方向性に貢献するものでなければなりません。


Time-bound (期限を設定): 目標には期限を設定します。
  達成すべき期限を明確にすることで、スケジュールを立てることができます。
  期限が明確であることで、目標達成への取り組みが促進されます。

  これらの要素を考慮することで、目標設定をより具体的で効果的なものにし、
  計画の実行と評価が容易になります。



関連記事