crossorigin="anonymous"> ChatGPTのビジネス活用 シナリオ❶ クライアントからの急な要望に対応 | ChatGPT クリエーション

ChatGPTのビジネス活用 シナリオ❶ クライアントからの急な要望に対応

ChatGPTに、ビジネス活用の例を詳しく書いてもらいました。
すべてがこのとおりにはならないかもしれませんが、一例としてご覧ください。
背景
あなたの会社は、ウェブサイト制作を手がけています。
クライアントからは、基本的なウェブサイトの制作を依頼されていました。
突発的な状況
ウェブサイト制作がほぼ完了した段階で、クライアントから急に「オンラインショップ機能も追加してほしい」という要望が出されます。

ChatGPTの活用事例❶概要

要望の整理: 
まずは、ChatGPTを使ってクライアントの要望を整理。何が必要なのか、どのような機能が求められているのかを明確にします。

提案書作成: 
次に、新たな要望に対する提案書をChatGPTの文書作成機能で素早く作成。費用、期間、必要なリソースなどを詳細にまとめます。

関連事例のリサーチ: 
ChatGPTのリサーチ機能で、同様のオンラインショップ機能を持つウェブサイトの事例を調査。それを提案書に盛り込むことで、クライアントに具体的なビジョンを提供します。

最終確認: 
提案書が完成したら、要約機能で主要なポイントを抜き出し、クライアントに送る前に最終確認をします。

結果
クライアントは迅速かつ詳細な対応に大変満足。
おかげで、プロジェクトはスムーズに進行し、さらなる依頼も受けられることに。

このような場面で、ChatGPTがどれだけ役立つかを具体的に知ることで、クライアントさんも「この会社なら安心して任せられる」と感じられるのではないでしょうか。

いかがでしょうか?
このシナリオで、今回の問題解決のイメージが見えますでしょうか?

もし、ご興味があれば、次の項目も読み進めてください。
これをChatGPTをどのようにして使い、手伝ってもらうのかを示します。もちろん、実際にはいろいろなバリエーションがありそうですから、一つの例として示しています。


ではまず、背景から、もう少し詳しくお話ししますね。

背景詳細

会社の状況
あなたの会社は、中規模のウェブデザインとデジタルマーケティングのエージェンシーです。

主に中小企業やスタートアップからの依頼が多く、ウェブサイト制作が主な業務です。

クライアントの状況
クライアントは、地元で人気のあるカフェを経営しています。
コロナウイルスの影響で、オンラインでの販売を強化したいと考えています。
初めの依頼
クライアントからは、初めてのウェブサイト制作を依頼されました。
主に店舗の紹介、メニュー、お知らせなどの基本的な情報を掲載するシンプルなウェブサイトの制作が依頼されました。
プロジェクトの進行
依頼を受けてから数週間、ウェブサイトの制作は順調に進んでいます。
クライアントも途中経過に満足しており、特に大きな修正点も出ていません。

こうした背景の中で、急に「オンラインショップ機能の追加」の要望が出されるわけです。この新たな要望は、当初のプランには含まれていなかったため、どう対応するかが、会社の信頼度を左右する重要な局面となります。
この背景を踏まえて、先ほどお話しした「ChatGPTの活用」がどれだけ価値をもたらすかが、より明確になったと思います。

さて、突発的な状況で、クライアントとWeb制作会社は、どのような立場になりますでしょうか?

クライアント側の心情

期待と不安: 
オンラインショップ機能を急に思いついたのは、新しいビジネスチャンスを感じたから。でも、それがすぐにできるのか、費用はどれくらいかかるのかという不安もあります。
信頼と期待: 
今までのウェブサイト制作が順調だったので、同じ会社に追加の仕事を依頼したいと考えています。
しかし、急な要望にも柔軟に対応してもらえるかは、新たな信頼関係の試金石です。

Webサイト制作会社側の心情

驚きとチャレンジ: 
当初の依頼内容にはなかった、新しい要望に驚きつつ、これが新たなビジネスチャンスにもなると捉えています。

責任とプレッシャー: 
クライアントが急に新しい要望を出してきたことで、その期待に応える責任を感じます。しかし、それが成功すれば、クライアントとの信頼関係がさらに深まることでしょう。

ただ、この分野でのオンラインショップの構築は初めての経験です。


このような心情の中で、ChatGPTがどのように役立つのかが、記事での大きなポイントになると思います。

特に、急な状況でも、どれだけ冷静に、かつ効率的に対応できるのかが重要です。経験が少ないプロジェクトでも、ChatGPTの知識があれば、よりスムーズに進められることでしょう。


それでは、実際に、「要望の整理」について、ChatGPTに具体的にどんな指示をすればいいかお話ししますね。

要望の整理における具体的な質問例

機能の詳細:
 「オンラインショップ機能で必要な具体的な機能は何ですか?」
優先度:
「追加したい機能の中で、最も重要なものは何ですか?」
期限: 
「この新しい機能の完成期限はいつですか?」
予算: 
「追加機能にかけられる予算はありますか?」
目的: 
「オンラインショップ機能を追加する主な目的は何ですか?」
参考サイト: 
「参考にしたい、または避けたいオンラインショップのウェブサイトはありますか?」
ユーザー体験: 
「お客様がオンラインショップを利用する際、どのような体験をしてほしいですか?」
管理側の要望: 
「オンラインショップの管理側で、特に便利だと感じる機能はありますか?」
セキュリティ: 
「特に気になるセキュリティの要点はありますか?」
その他の要望: 
「上記以外に特別な要望や注意点はありますか?」

これらの質問をクライアントに投げかけ、ChatGPTに入力して、それぞれの回答を整理することで、クライアントの要望が次第に明確になり、プロジェクトの方向性もしっかりと決まるでしょう。


次は、提案書作成です。

提案書作成は、確かに細かいポイントが多くて大変ですよね。でも、ChatGPTに適切なプロンプトを渡すことで、スムーズに作成できるんです。

それでは、そのコツをお伝えしますね。

提案書作成でのChatGPTの活用コツ
明確な目的: 「提案書の目的は何か?」
という点を最初に明確にして、それをプロンプトに含めましょう。

例えば、「新製品の販売戦略に関する提案書を作成してください」といった具体性が大切です。

対象者: 
誰に提案書を提出するのかも重要です。
それによって、言葉遣いや内容が変わることもありますからね。
必要なセクション: 
提案書に必要な項目を具体的にリストアップして、それをプロンプトに含めるといいですよ。
例:概要、目的、方法、予算、スケジュールなど

具体的な質問: 
「このプロジェクトで解決したい問題は何か?」や「どのような成果を期待しているか?」など、具体的な質問をプロンプトに加えると、より詳細な内容が出てきます。
繰り返しと修正: 
最初の出力が完璧でなくても大丈夫。何度もプロンプトを微調整して、必要な情報を引き出していきましょう。
最後のチェック: 
ChatGPTが出力した提案書を、最後に自分自身で読み返して、必要な点が漏れていないか確認することが大切です。

例えば、こんなプロンプトが考えられます。
「新製品の販売戦略に関する提案書を作成してください。対象はマーケティング部門で、以下の項目を含めてください
:概要、目的、方法、予算、スケジュール。

このようにして、ChatGPTに必要な情報をしっかりと渡すことで、提案書作成のドラフトを書いてもらうことができて、作成もぐっと楽になります。

市場調査

また、現在、ChatGPTの有料課金をしていても、ブラウジング機能が停止しているので、リアルタイムのインターネット検索ができません。
 でも、心配しないでください、他にも方法はいくつかあります。

過去のデータ: 
ChatGPTは大量のテキストデータから学習しているので、過去の公開情報に基づいた一般的な事例やトレンドは把握できます。

質問の工夫: 
「この業界でよくある問題点は何か?」や「成功事例でよく取り上げられるポイントは?」など、具体的な質問を投げかけることで、有用な情報を引き出せることもあります。

自分で調査: 
ChatGPTが出力したキーワードやポイントを元に、自分でインターネットで調査することも、一つの方法です。
それを基に、さらにChatGPTに質問をして、内容を深堀りすることができます。
専門家の意見: 
ChatGPTで得た情報を基に、業界の専門家や経験者に意見を求めるのも良いでしょう。
他のデータソース: 
企業の年報や業界レポート、学術論文など、他の信頼性の高いデータソースを参考にするのも有効です。

このような方法で、ブラウジング機能がなくても、それなりに有用な情報を集めることができますよ。

また、ChatGPTプラスに課金している場合は、Web Pilotなどのプラグインでインターネット検索や要約をすることができます。

これらの情報から、リサーチを素早く、深くする方向性が見えてきたでしょうか?

さて、次は、提案書の最終確認です。

提案書や文書が全体的に整っているか、重要なポイントが抜けていないかを確認するためのプロンプトが役立ちますよ。

最終確認用のプロンプト例
全体のチェック: 
「この提案書は全体的にどうですか? 何か重要な点が抜けていませんか?」
目的の明確性: 
「この提案書の目的は、明確に表現されていますか?」
具体性と詳細: 
「提案内容や計画が具体的で詳細にわたっていますか?」
説得力: 
「この提案書は読む人に説得力がありますか?」
文体と言葉遣い: 
「文体や言葉遣いは適切ですか?」
構造と流れ: 
「提案書の構造や流れは自然ですか?」
誤字脱字の確認: 
「誤字や脱字、文法的な誤りはありませんか?」
予算とスケジュール: 
「予算とスケジュールは明確に記載されていますか?」
結論と次のステップ: 
「結論と次に取るべき行動が明確に記されていますか?」
添付資料と参考文献: 
「必要な添付資料や参考文献は全て揃っていますか?」

これらのプロンプトをChatGPTに投げかけることで、最終確認がより効率的に、そして確実に行えます。

もちろん、これは一例なので、自分のニーズに合わせてカスタマイズしていただいても、全然、大丈夫です。

また、提案書をすでに書いてある場合でも、この最終チェックだけでも、抜け漏れがないかチェックするにはとても役立ちます。

お客様の声が無い、もしくは少ない場合
提案書やプレゼンテーションで、特に印象的なのは、実際の結果やお客様の声を取り入れることですよね。

ただ、今回のように、今までに経験があまりない分野に関して、仕事を進める場合、お客様の声がないので説得力に欠けますよね。

そんな場合でも、心配しないでください。ChatGPTは答えを用意してくれます。

初めての新規ECサイト作成での工夫
市場調査のデータ: 
類似のサービスや商品に対する需要や、ターゲット層の消費傾向など、市場調査のデータを用いて、なぜこのECサイトが必要なのかを説明します。
予想される効果: 
既存の事例やデータに基づいて、このECサイトがもたらすであろう心理的効果や経済効果を予測します。例えば、「このような商品は通常、月々〇〇の売上が見込まれます」といった形です。
プロトタイプやテスト結果: 
もし可能であれば、プロトタイプを作成して少数のユーザーにテストしてもらい、その反応や改善点を共有することで、プランの信憑性を高めます。
専門家の意見: 
業界の専門家やインフルエンサーがこのプロジェクトの有望性についてコメントしてくれると、それが大きな説得力になります。
ビジョンと戦略: 
あなたのECサイトが将来どのように成長し、どのような価値を提供するのかを明確にすることで、お客様や投資家に対してそのビジョンを共有します。

新規プロジェクトは確かにリスクがありますが、しっかりとした準備と説明があれば、人々はその可能性に賭けてくれることも多いですよ。

いかがでしょうか、ChatGPTがどのように役立つかイメージできたでしょうか?
実際には、もっともっと深い場面で役立つことができます。
ご参考になれば幸いです。



関連記事