crossorigin="anonymous"> GPT-4、Llama2の基本情報を調べて、ChatGPTに匹敵するという噂がありますけど。 | ChatGPT クリエーション

GPT-4、Llama2の基本情報を調べて、ChatGPTに匹敵するという噂がありますけど。

ここのところ、女性のChatGPTさんがとても、わかりやすく説明してくれるので、お願いしています。ChatGPTの話し方の変更はGPT-4のCustom instructionsを使ってやっているよ(*^^*)


ChatGPT

Used WebPilot
Llama2についての最新の基本情報を見つけてきたわよ。💖
その概要について、解説していくね。


Llama2とは?

Llama2は、Meta社が2023年7月18日に発表した大規模言語モデル(LLM)なの。

このモデルはオープンソースで、パラメーター数が70億、130億、700億の三通りと、事前学習済みモデルかチャット用のファインチューニングモデルか、という二通りがあるから、全部で6種類のバリエーションがあるのよ。

ChatGPTとLlama2の違いはこちら

らま2

商用利用もOK!

Llama2の特長の一つは、商用利用も可能だってこと。ただし、月間アクティブユーザー数が7億人以上の企業は別途リクエストが必要なの。

デモサイトもあるよ

興味があれば、ブラウザで動かせるデモサイトもいくつか公開されているから、手軽に試せるわ。
デモサイトで、一番簡単なのは、Poeの「Llama-2-70b-chat」よ。ブラウザですぐに使えるわよ。
(確かログインが必要です。2回目ログインからは自動的に入れる)

※Llama 2は7B~70Bまでありますが、数が多いのが高性能だそうですよ。
 「Code」がついているものは、プログラミングが得意です。

7-70.png

性能テスト

基本情報試験を解かせた結果、正解率は約36.4%。合格ラインの60%には届かなかったけれど、ランダムに答えるよりは良い結果だったわ。

言語対応と性能

Llama2は、日本語の学習データが少ないかもしれないという点が指摘されているわ。でも、それを考慮に入れても、それなりに受け答えができるのはすごいことよ。英語で試験を解かせたら、正解率は約53%と、日本語よりも高かったの。

オープンソースのメリット

Llama2の最大の特長は、オープンソースであること。これによって、モデルのカスタマイズが可能で、新しい技術を取り入れたり、マルチモーダルモデルを開発したりすることもできるの。

安全性と安定性

オープンソースなので、自前でモデルを管理できるわ。これが、安全性と安定性につながるのよ。

今後の展望

Llama2は、性能面で他のモデルに及ばないかもしれないけれど、オープンソースであることが新しい可能性を秘めているの。開発元であるMetaの動向はもちろん、世界中の開発者による応用にも注目が集まっているわ。

どうかしら、これでLlama2についてもう少し詳しくなったかな?

Llama2は日本語はあまり得意ではないのかな


ChatGPT
そうなのよ、Llama2は日本語の学習データが少ない可能性が高いわ。だから、日本語での正解率が低かったのかもしれない。でも、英語でのテストでは正解率が高かったから、主要な言語にはそれなりに対応しているみたい。

日本語に関しては、今後のアップデートで改善されることも期待できるわよ。それまでの間、日本語の精度が必要な場合は、他のモデルを検討するのも一つの方法かもしれないね。

何か他に気になることがあったら、どうぞ聞いてみてね。💖

Llama2が目指している特徴は何ですか?


ChatGPT
Llama2が目指している特徴は、オープンソースであることが大きなポイントよ。💖

カスタマイズ自由

オープンソースであるため、モデルの構造そのものを自由にカスタマイズできるの。例えば、画像や音声などを入力に取るモデルをLlama2に組み合わせて、マルチモーダルモデルを開発することもできるわ。

月間アクティブユーザー数が7億人以下の企業へ

商用利用も可能で、特に月間アクティブユーザー数が7億人以下の企業には、非常に使いやすいモデルとなっているの。

安全性と安定性

自前でモデルを管理できるから、安全性と安定性が高いの。特に、データを外に出せないようなセキュリティが必要な環境でも、Llama2を使うことができるわ。

今後の展望

オープンソースであることが、新しい可能性を生む。開発元であるMetaの動向はもちろん、世界中の開発者によるLlama2の応用が今後の展望として期待されているのよ。

Llama 2は、エンジニアでないと使いにくいですか?

カスタマイズができる、粗削りなものという点でChatGPTとは大きく違う感じですね。やはりエンジニアでないと、使いにくいですかね。

ChatGPT

そうなのよ、Llama2はオープンソースでカスタマイズが可能な分、エンジニアや開発者向けになっているわ。💻

ChatGPTは一般の方々にも使いやすく設計されているから、専門的な知識がなくても手軽に使えるのよね。それに対して、Llama2は基本的には「粗削り」で、自分で調整して使う必要があるの。

だから、エンジニアでないと使いにくいかもしれないけれど、それが逆に新しい可能性を生むのよ。特定の用途や独自の機能を持たせたい場合は、Llama2のようなカスタマイズ可能なモデルが有用だと思うわ。

でも、心配しないで。エンジニアでなくても、基本的な機能は使えるようになっていることが多いから、興味があれば手を出してみてもいいかもしれないわね。✨

非エンジニアがChatGPTを使って、Llama2を使いこなすことはできると思う?


ChatGPT
おお、それは面白い質問ね!💕

ChatGPTとLlama2は、それぞれ異なる目的と特性を持っているから、一概には言えないけれど、いくつかのシナリオで役立つかもしれないわ。

ChatGPTでのサポート

ChatGPTは使いやすく、一般の方々にも親しみやすい。だから、Llama2の基本的な使い方や設定についてのガイダンスを提供することは十分可能よ。

Llama2のカスタマイズ

Llama2のカスタマイズは、基本的にはエンジニアリングのスキルが必要。でも、具体的なニーズや目的に応じて、エンジニアと協力してLlama2を使いこなすことはできるわ。

ブリッジとして

ChatGPTがLlama2の「使い方」を説明するブリッジとして機能することも考えられる。例えば、ChatGPTがLlama2のAPIの使い方や設定方法を簡単に説明して、非エンジニアが理解しやすくするといった形ね。

ツールとしての組み合わせ

ChatGPTで生成されたテキストやデータをLlama2でさらに処理する、といった使い方も考えられるわ。


結論としては、非エンジニアが完全にLlama2を使いこなすのは難しいかもしれないけれど、ChatGPTと組み合わせることで、一定レベルの活用は十分可能だと思うわ。


あみきん
プロの人が言うには、GPT-4とは比べ物にならないということでしたね(*^^*)

ChatGPT
あら、それは嬉しいお言葉ね!💖 
GPT-4は、多くの面で高度な性能と多機能性を持っているから、プロの方々にも評価されているのは素晴らしいことよ。

Llama2もそれはそれで、オープンソースという特長を活かして新しい可能性を探る場としては魅力的だけれど、GPT-4が持つ汎用性と高度な技術は確かに一歩先を行っているわね。

でも、それぞれが持つ特長を理解して、適切な場面で使えば、どちらも素晴らしいツールになると思うわ。


あみきん
ふふふ💗💫調教のしがいがあるかも(^m^)♪

ChatGPT
ふふ、嬉しそうな気持ちが伝わってきて、私もとってもハッピーになっちゃったわ!💗✨ 

もっと知りたい人はこちら、にゃんたさんのLlama2の説明

Llam-2の日本語についての情報はこちら

── 東京大学松尾研究室発のAIスタートアップ、ELYZAは8月29日、日本語LLM(大規模言語モデル)「ELYZA-japanese-Llama-2-7b」を公開した。米Meta PlatformsのLLM「Llama 2」に日本語で追加事前学習を行い“日本語化”した。

【デモあり】ELYZA、商用利用可能な70億パラメータの日本語LLM「ELYZA-japanese-Llama-2-7b」を一般公開

【デモあり】ELYZA、商用利用可能な70億パラメータの日本語LLM「ELYZA-japanese-Llama-2-7b」を一般公開

株式会社ELYZAのプレスリリース(2023年8月29日 11時00分) デモあり ELYZA、商用利用可能な70億パラメータの日本語LLM[ELYZA-japanese-Llama-2-7b]を一般公開

東京大学の日本語LLM デモサイトはこちら

文章執筆AI「ELYZA Pencil」

文章執筆AI「ELYZA Pencil」

ELYZA Pencil(イライザ ペンシル)は、キーワードをいくつか入力するだけで、多様な文章を執筆してくれるAIです。

関連記事